南インドへの神秘的なツアー

「アガスティヤ占星術」および寺院

「アガスティヤ占星術」とは何ですか?

日本で知られている「アガスティヤ」は、もともとはタミル地方の「ナディヨシヤム」が起源です。  「ナディ」という単語には「追い求める」という意味があり、「ヨシヤム」には「占星術」という意味があります。  古代インドの賢人(2000年~5000年前まで遡ります)は、集中した瞑想の後、最高の真理と永遠についての知識を実現し、彼らはそれを賛美歌にして後世に伝えました。  彼らが記したテーマのひとつが占星術についてでした。  それはこう言っています。その未来を賢者により記録された人間だけが、こうした葉を追い求めることに導かれるのだと。そして人々が葉を見にやって来る時間もまた運命づけられています。なぜなら賢者たちは決まった年齢になったものだけに人生の予言を記録してきたからです。ですから、あなたが自分の葉を見つけることが運命づけられていれば、そうなるのです。 

 

あなたが自分の葉を見つけることは、あなたの人生にその時、もっとも課題の多い岐路にあるという意味です。  ですから、これはあなたの予言の内容が手引きや警告とともに始まる年齢です。寺院を訪れることは、あなたが直面している課題を解決するための手引きの一環として現れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南インドの神秘的な寺院

南インドの寺院は、磁場によって生じた最も強いポジティブなエネルギーの一帯に建立され、主要な偶像はその中心に配置されていました。  偶像の下には、ヴェーダの銘が刻まれた銅板が置かれ、エネルギーを吸収し放射することができました。  それぞれの寺院には、今でもさまざまな不老や活人効果があります。 

放射状の磁場の範囲に入ると、多くのポジティブなエネルギーを取り入れることができます。だから、寺院を訪れると、身体や心や魂が若返り、活性化されます。そして、ナディの葉には、寺院を訪れるための処方箋が個人向けに書かれていることに気づくでしょう。  

 

下にある再生ボタンをクリックすると、現在行っている、私の「アガスティヤ」(ナディヨシヤム)の通訳のセッションを聴くことができます。

nadi leaf
00:00 / 01:58
00:00 / 01:26
IMG_20200301_141120_802.jpg
Agastiya online.jpeg

01

経験

02

専門知識

03

関連会社

  • ビジネス、産業および占星術における25年以上にわたる日本語での通訳経験および南インドでの観光ガイド。
  • 日本語、英語、タミル語、ヒンディー語

  • 会員:タミルナードゥ観光旅行とおもてなし協会 (TTTHA)